« Time Seller | トップページ | 稼ぐ超思考法 »

2008年1月12日 (土)

絶対成功する飲食店開店・経営の教科書

02521520宇井義行著 『絶対成功する飲食店開店・経営の教科書―いつの時代も変わらぬ常識をコンパクトに。流行に流されず堅実に飲食店経営を目指す人に知ってもらいたい基本鉄則。』

別に飲食店の開業を目論んでいるわけではありませんが、また宇井さんの本を読んでしまいました。

飲食店の経営を学ぶことは、非常に勉強になるのです。

昔から思うのですが、飲食店って、ビジネスのあらゆる要素が凝縮されているんですね。(宇井さんも同じことを言っています。)
仕入れ、製造、販売。自社(店)で商品を考えて、製造して、販売する。商品は基本的にすべてオリジナル。さらに、顧客との接触回数が多く、接客時間も長い。
こんな業務内容にバリエーションが多いビジネスってなかなか他にないんですね。
だから、飲食店の勉強をすることで、ビジネスの基本を学ぶことになるのです。

ところでこの本は、非常に親切な内容です。

飲食店の開店に関する詳細な情報が書かれています。かなり具体的です。
開店後確実に成功するための、お店のコンセプトに関するヒントから実際の開店業務に関する項目が、こと細かに説明されています。
お金に関すること、人に関すること、物の準備に関すること。かなり詳細です。

宇井さんの主張は、とにかく飲食業の本質を知り、そのことが好きであれば、必ず成功するということです。

飲食業の本質とは、すなわち「おもてなし」です。

自分の行動を通じて、人に何かを与えること。その何かが、「喜び」「やすらぎ」など人の心に響くものであれば、必ず成功します。

これを宇井さんは、「愛」と言っています。

人に対する「愛」。料理に対する「愛」。店に対する「愛」。

これが成功の根本的な要因だということです。
これはきっとすべてのビジネスに通じることなのでしょう。
その「愛」があるからこそ、「愛」を具現化するための知識・技術を得ようと人は努力をするのです。

「愛」を実現するために努力の方法が書かれている本。

そんな印象でした。


続きを読む...





にほんブログ村 本ブログへブログ村 本ブログランキングに参加しています。

Banner_02_5 人気ブログランキング 本・読書ランキングにも参加中です。

|

« Time Seller | トップページ | 稼ぐ超思考法 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 絶対成功する飲食店開店・経営の教科書:

« Time Seller | トップページ | 稼ぐ超思考法 »