« 7日間で人生を変えよう(3日目) | トップページ | 7日間で人生を変えよう(5日目) »

2008年1月 4日 (金)

7日間で人生を変えよう(4日目)

51y7wcj4d7l__aa240_ポール・マッケンナ著 『7日間で人生を変えよう―成功も幸福も、決して偶然の結果ではない!』

第四日目「夢の設定」

頭の中がプラス思考で一杯になり、身体に力がみなぎってきました。人生を変えるための意欲は満々です。
この状態だけでも充分幸せですが、もっともっと幸せになりたいのです。

なりたい自分になること。実現したいことを実現すること。

そう、夢に向かいましょう。目標に向かって邁進していきましょう。

ところで、夢はなんですか?達成したい目標はなんなのでしょうか?

夢を持つことは素晴らしいことです。夢に期限を入れ、目標にすることは大切なことです。
夢や目標なしに成功を語ることはできません。
こんなことは誰でも知っています。いまさら私が言うことではありません。
しかし、世の中には夢や目標なく、毎日を消費している人が沢山います。

さまざまな調査によれば、自分の目標を紙に書き出す人は3%に満たないそうだ。私たちの多くは自分の行き先を決めずに、よろよろと人生を歩んでいく。

何故、夢や目標の重要性を理解しているにも関わらず、毎日を惰性で生きてしまうのでしょうか?
その理由の一つは無力感でしょう。セルフイメージが小さすぎるのです。

「どんな夢を描いても成功するはずがない。自分は成功にふさわしくない人間だ。」

こんなセルフイメージを抱いているうちは、希望を持つことはできません。
今すぐ、一日目に戻り、セルフイメージを膨らませるエクセサイズを実行しましょう。

セルフイメージが上がれば、必ず夢や目標を設定したくなります。ここで時間を書けることが重要です。
たっぷりと時間をかけ、しっかりとした夢を設定するのです。意欲がわいてきましたか?
それでは、夢の設定の方法論が始まります。

ステップ1  この世で一番大切なこと
目標を設定するとき、現在抱えている問題を解決することを設定することも大切だが、同時に自分の価値観と人生の目的に集中することの方がより重要なのです。表面的、物質的な願望を達成するだけで、本当の豊かさを享受することができるかどうかを自分に問う必要性があります。
「お金が欲しい」と望むことは決して悪いことではありません。しかし、「何故お金を欲するのか?」「お金を手に入れるとどんなことが実現できるのか?」が明確になっていることが本当に大切なことなのです。
「それなしでは生きていけない」と心から望むもの。
それこそが人生に意義を与えてくれるものであり、人生で一番大切なものなのです。そして、それは自分にしかわからないことであることを理解している必要があります。

ステップ2  ブレーン・ストーミング!
夢を描いたときに、「それは無理だ」「現実的でない」という言葉がすぐに浮かんできます。そして、思考を中断してしまう。これが普通です。
しかし、いったん夢を描くと決めたならば、分別をなくすことです。むしろ、自分も周囲も「無理だ」と思うことを思い描くのです。
考えつくことをすべて、ひたすら紙に書き出せばいいのです。

ステップ3  生涯の夢
どんなに難しいと思えることでも、どんなに時間がかかると思えるようなことでも、「絶対に成し遂げたい!」という感情に支配されるもの、それが本当に夢です。
今の凝り固まった物の見方から完全に解き放たれて、創造的な自分に生まれ変われば、必ず本当の夢は見つかります。それが見つかるまで、ブレーン・ストーミングを繰りかえせばいいのです。
実現しては困ること、欲しくないものに意識を集中する習慣を捨て、実現をここから望むこと、欲しいものに集中する心の状態を創り出すこと。これが重要な鍵です。

ステップ4  成功までの距離を測る
達成が難しければ、難しいほど、現在の位置から達成までの距離は長いものです。
やり続けること。
これが最大の秘訣になるわけですが、いつまでもやり気を失わないために、「目標に向かって前進し続けている」という実感が必要なのです。
常に自分が夢の実現に近づいているのか、逆に遠ざかっているのかを確認するために、つねにそのことを質問し続けること。そのための質問を用意しておくこと。この準備が必要なのです。

ステップ5  生涯を乗りこえる
実は、一時的な感情で夢をえがいていることもあります。。
今一度、冷静になって考えてみると、それは意外に他人の夢を自分の夢と勘違いをしているかもしれないし、他人を傷つけるものかもしれない。もしかするとその夢を追うために払わねばならない代償が大きすぎるかもしれない。
再考し、心に迷いが生じるならその迷いが大きな障害となって現れる可能性が大きいのです。これからの努力を無駄にしないためにも、夢に磨きをかける必要があります。

ステップ6 成功までのスケジュールに沿って目標をたてる
夢が実現するまでの期間を設定すると目標になる。
ということはよく言われることです。いつまでに夢を実現したいか、実現する必要があるのかを考えるためには、それを達成するためのステップを細かく設定しましょう。
そうすれば、達成までの期間が実現可能かどうかがわかります。そして、それが道しるべとなり、ひとつひとつクリアすることで意欲を持続することができるのです。
ひとつひとつの段階に明るく大きなイメージをはっきりと思い描き、ワクワクした気持ちでスケジュールを立てていきましょう。

ステップ7 もてるものを活用する
夢を達成するために必要なものを考えると気が滅入ります。
たくさんの才能、たくさんの人脈、たくさんの資金。
高望みをすればするほど、幻滅してしまいます。
だからこそ、今自分がもっているものをあらかじめ書き出しておき、今現在自分を助けてくれる"強い見方〟をあらかじめ明確にしておく必要があるのです。
1.技能、長所、素質、才能
2.周囲の人間関係
3.利用できる資金と資産
4.所有物

書き出してみると、もっているものは意外に多いものです。それらをどんな時に、どのように活用するかを計画しておくことが、自分の可能性をより広げてくれることにつながるのです。

さあ、もう行動したくて仕方のない状態になってきた(はずです)。これが本当の目標設定なのです!

ほしいものを思い描いただけで、それが魔法のようにすぐ手に入るとしたら、誰もがフェラーリを乗りまわし、大邸宅に住み、高価な宝石を身につけて、素敵な恋人をわがものにしているだろう。だが、そうなれば世の中は大混乱だ!だからこそ天は賢明にも、ほしいものを思い描くことと実際にそれを手に入れいることのあいだに、もうひとつステップを差しはさんだのだ。それが行動のステップだ。

当たりまえのことだが、これを理解していない人が多いのも驚くべき事実です。成功哲学を学んだだけ、本を読んだだけで、成功できる気になっている。それはあまりにも短絡的なのです。

何もせず、ただ夢を見ているだけでは夢は実現できない。しかし、理想の人生を鮮やかに思いえがき、毎日それに意識を集中させれば、そのうち自然と行動を起こしたくなるはずだ。そしてどこを目指すべきなのかも見えてくる。


続きを読む...





にほんブログ村 本ブログへブログ村 本ブログランキングに参加しています。

Banner_02_5 人気ブログランキング 本・読書ランキングにも参加中です。

|

« 7日間で人生を変えよう(3日目) | トップページ | 7日間で人生を変えよう(5日目) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 7日間で人生を変えよう(4日目):

« 7日間で人生を変えよう(3日目) | トップページ | 7日間で人生を変えよう(5日目) »