« いい男はマーケティングで見つかる | トップページ | 普通はつらいよ »

2007年11月18日 (日)

運命に仕事に出合う本

51v934xsajl__aa240_ 和田裕美著 『和田裕美の運命の仕事に出会う本』

結局、運命の仕事とは、目の前の仕事をやり続けることによって見えてくる。
ということ。

どんな仕事でも、やり始めたときは素人なのだ。
根気よくやり続けることによって、熟練度が増し、レベルが上がっていく。そして、自分のレベルが上がったときにその仕事とはじめて正しく向き合えることができる。やりきってはじめて、その仕事が天職かどうかの判断をする前提に立てる。

この前提なくして、その仕事が自分にとっての天職かどうかの判断はできない。

だいたい「自分にとっての運命の仕事とは?」とか「天職がなかなか見つからない」と嘆いている人は、一つの仕事を根気よくやったことがない場合が多い。
取り組む前から尻込みしたり、ちょっとやってみたがうまく行かないのですぐに放棄したりして、その仕事が持つ本質を知ろうとしない。

頭でっかちなのだ。

和田さんのメッセージは、「とにかく覚悟をしてやり始める、そして根気よくやり続けること」だ。
この本で伝えたいことは、この一言に尽きる。

和田さんならではの明るい言葉で、このことが繰り返し表現されている。
和田さんの文章は決して上手とは言えないが、その著作からは和田さんの明るい人柄がダイレクトに伝わってくる。
なかなか仕事にのめりこむことができないという方は、是非読んでみて欲しい。

さわやかなやる気が出てくること、間違いない。


続きを読む...





にほんブログ村 本ブログへブログ村 本ブログランキングに参加しています。

Banner_02_5 人気ブログランキング 本・読書ランキングにも参加中です。

|

« いい男はマーケティングで見つかる | トップページ | 普通はつらいよ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 運命に仕事に出合う本:

« いい男はマーケティングで見つかる | トップページ | 普通はつらいよ »