« 自動的に大金持ちになる方法 | トップページ | 超人手帳 »

2007年11月26日 (月)

頭の回転が50倍速くなる脳の作り方

02799500苫米地英人著 『頭の回転が50倍速くなる脳の作り方―「クリティカルエイジ」を克服する加速勉強法―』

基本的にこの人の本は難しい。

まず表現が難しい。

抽象度が高い思考ができると、「知らないモノも認識できるようになる」

IQというのは、「抽象度の高い空間に対して身体性を持って操作できるか」という能力をいいます。

こんな表現から始まる難解な本だ。

「抽象度が高い」ということについては、冒頭で「高い視点をもつ」という言葉で説明されており、なんとなく感覚でつかめないこともないのだが(確か『心の操縦術』では、「高い視点から情報空間を俯瞰する」という表現をしていたと記憶している)、毎度のことながら、どうにも言葉の理解に苦しみ、苫米地さんの論理全体の理解に支障をきたしてしまった感じだ。
脳の取り扱い説明書的な著作であるということがわかったのだが、読後に記憶の中にあまり何も残っていないと言うのが正直な感想だ。

どうやら、苫米地さん主催の「ダ・ヴィンチ・プログラム」というセミナーを受けると、頭の回転が50倍速くなる脳が作れそうだということがよくわかったのだが、この本だけを読んでそのことを達成するのはおそらくかなり難しいということだろう。

この本の中では、IQの高い「新しい脳」を作るステップは、

1.リラックス状態を作る
2.コンセントレーション(集中)状態を作る
3.超並列脳を作る

と解説されている。
これはフォト・リーディングで有名なポール・シーリィー氏のテクニックと基本的に同じなので、本だけでトレーニングするのであれば、『「潜在能力」であらゆる問題が解決できる』を繰り返し読んだほうがいいのかなと思った。

しかし、苫米地さんの本はどれを読んでも難解なのだが、新刊が出るとつい読みたくなるのは何故だろうか?

もしかして、何かの暗示でもかけられているのだろうか?

不思議だ...


続きを読む...





にほんブログ村 本ブログへブログ村 本ブログランキングに参加しています。

Banner_02_5 人気ブログランキング 本・読書ランキングにも参加中です。

|

« 自動的に大金持ちになる方法 | トップページ | 超人手帳 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 頭の回転が50倍速くなる脳の作り方:

« 自動的に大金持ちになる方法 | トップページ | 超人手帳 »