« 大切なことに気づく24の物語 | トップページ | 成功するのに目標はいらない! »

2007年10月27日 (土)

なまけ者のさとり方

00538714タデウス・ゴラス著 『なまけ者のさとり方』

私達はみな平等です。そして宇宙とは、私達のお互い同士の関係です。宇宙はただ一種類の実体からできていて、その一つひとつが生命を持ち、一つひとつが自分の存在の仕方を自分で決めています。

この冒頭の示唆に富んだ言葉が、私の心に染みた。いつまでも、心の中に残っている。

そう、私達はみな平等なのだ。

自分にはこれといった能力がない。だから実績もない。それに比べ、世の中には能力と実績を兼ね備えた人が多い。私はその人たちの足元にも及ばない。
そんな考え方を持っている自分には衝撃的な言葉だ。

そう、私達はみな平等なのだ。

私にも、多くの成功者と同様の価値がある!

と思えた瞬間に、現実が変わる。いや、変わって見える。そこから、行動への意欲がどんどん湧いてくる。
セルフイメージが大きく変わった瞬間だった。

困難に直面した時、自分の意識を縮こませて、そこから逃げようとしてもムダです。いつかは、今、あなたが転がり落ちたその山に、また登らないといけないからです。

痛みから解放され、もっとかしこくなるためには、ただ、自分の意識に入ってくるすべてのことを受け入れようと思うだけでよいのです。

こんな言葉の数々が、心の底に染み渡っていくのを感じる。

何かを目指し、努力するからこそ、そこに苦悩が生じる。そんなときの心構えを端的に示してくれる名著だ。
いままで、何故私はこの本に出会わなかったのだろうか。
今、この本が引き寄せられてきた意味を感じる。

この本を読み、理解したときに、『マスターの教え』『富を手にする「ただひとつ」の法則』『「原因」と「結果」の法則』の内容がより深く理解できる。

宇宙の法則は一つです。

あなたは構造体に頼らなくても生きてゆける、ということを覚えておいて下さい。あなたは宇宙の他のすべての存在と一体であり、エネルギーなのです。得るものも失うものも何もないのです。

この宇宙の中に、自分が存在することの意義を見つけたとき、自分にとっての成功が理解できるということだろう。

この宇宙の中に、恐れるものは何もない。恐れを作り出しているのは、自分自身そのものでしかないのだ。

自分という存在を意識するかぎり、得るものも失うものも何もない。


続きを読む...





にほんブログ村 本ブログへブログ村 本ブログランキングに参加しています。

Banner_02_5 人気ブログランキング 本・読書ランキングにも参加中です。

|

« 大切なことに気づく24の物語 | トップページ | 成功するのに目標はいらない! »

コメント

価値が平等という理解なのですね。

価値とは、物事の役に立つ性質・程度ですが、
どんなことの役に立っている点が平等だと思うのですか?

投稿: さんた | 2007年10月27日 (土) 10時33分

さんたさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。

私が解釈したのは、可能性ということです。
私は過去の実績と今の状態で、人の優劣を考えてしまいがちでした。

しかし、この本を読んで感じたことは、今後何事かを成す可能性があるという観点から考えると、すべての人が平等であるということです。

私は今の状態を他人と比べて、劣等感や優越感を感じていました。そして、劣等感は他人に対する恐怖心となり、行動への障害となっていました。

しかし、自分には他の人に貢献するだけの価値がある。
自分が提供する商品・サービスには、使う人に貢献する価値がある。と信じることによって、行動のレベルが変わるということがわかったのです。

質問の答えになっていないかもしれませんが、そんなことです。

投稿: 成功おたく | 2007年10月27日 (土) 16時44分

ていねいなレスをありがとうございます。

>今後何事かを成す可能性があるという観点から考えると、すべての人が平等であるということです。

以下にあるエリザベス・キューブラー・ロス博士が出会った女性の子供と母親のお話を読んでみてください。
気づきの参考になるかもしれません。

わたしのお母さまへ
http://www.geocities.jp/hikarismworld/ikikata/v3/30.html#episode

投稿: さんた | 2007年10月28日 (日) 08時56分

さんたさんへ

コメントありがとうございます。レスが遅れました。

拝見しました。
「人生の中で起こる事柄を全て両面から見ようとする姿勢さえあれば、誰でもこうして変わることができるのです。どちらか一つの面しかないなどということは、決してないのです。」
という言葉が印象に残りました。

起こる現象に良い、悪いはない。あるのは解釈のみ。ということでしょうか。
そういう観点で物事が見られるようになると、人の優劣も実は存在せず、そこには他人の解釈があるだけということがわかりました。

参考になりました。
ありがとうございました。

投稿: 成功おたく | 2007年11月10日 (土) 08時40分

なまけ者のさとり方の記事で、トラックバックされてるのを見て、やってまいりました(^▽^)
プロフィールを拝見しました。なんだか楽しそうな方ですね!
幸せになっていって欲しいななんて思っちゃいました。
またゆっくりのぞきにきますね。

投稿: あたしの人間 | 2007年11月11日 (日) 15時04分

あたしの人間さん

コメントありがとうございます。

楽しく生きて、幸せになります。

また是非、遊びに来てくださいね。

投稿: 成功おたく | 2007年11月12日 (月) 06時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なまけ者のさとり方:

« 大切なことに気づく24の物語 | トップページ | 成功するのに目標はいらない! »