« 「稼ぎ力」ルネッサンス プロジェクト | トップページ | 運命の法則 »

2007年4月 1日 (日)

ウサギはなぜ嘘を許せないのか?

027255900000マリアン・M・ジェニングス著 山田真哉監修『ウサギはなぜ嘘を許せないのか?―後ろ指さされずに成功する新・ビジネス読本』

企業のコンプライアンスをテーマにした本。
方法論も大切だが、人としての心のあり方に重点を置いている。
どんなに素晴らしいルールがあったとしても、それを守ろうという信念がかけていれば、それは無用の長物だ。

正直であること。正しいと思ったことを貫くこと。

このことの難しさを深く感じた。

正しいことは美しいことだ。正しいことは勇気のいることだ。
正しいことをやり続けることは、安易な道を選ばないという意思が必要だ。
何が正しいかという基準は、自分の内部にある。
この本を読むことは、自分に素直になることの重要性と難しさを再考するいい機会になるだろう。

私は、この本を読みながら心が痛くなるときがあった。
しかし、不正直だった自分を責める必要はないことも感じた。

「正しいこと」を遂行することの重要さを再認識したならば、今から変わればいい。
世の中の慣例や環境、それに従ってきた愚かな自分が問題なのではなく、これからどういう行動を選択するのかという今の自分が大切なのだ。

これからの一瞬一瞬の判断が大切である、ということ感じさせてくれる貴重な本だった。


続きを読む...





|

« 「稼ぎ力」ルネッサンス プロジェクト | トップページ | 運命の法則 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウサギはなぜ嘘を許せないのか?:

« 「稼ぎ力」ルネッサンス プロジェクト | トップページ | 運命の法則 »