« 「プロ経営者」の条件 | トップページ | 夢をかなえるお金持ちの法則 »

2007年3月10日 (土)

餃子屋と高級フレンチでは、どちらが儲かるか?

027171270000林 總著 『餃子屋と高級フレンチでは、どちらが儲かるか?』

父の急逝により、急遽アパレルメーカーの社長に就任したデザイナー出身の若いお姉ちゃんが、コンサルタントのアドバイスを受けながら、赤字会社を立て直していくという物語を通じて、会社経営のイロハを学ぶ内容。

会計の知識をベースとして、会社の収益をいかに上げていくかということが、奥深くはないが、バランスよく語られている。

経営について右も左もわからないお姉ちゃんが、学習と体験を通じて成長していく様は、読んでいて非常に気持ちがいい。
いろいろな業態の飲食店をサンプルとして語られる収益モデルの実例も、読み手のイメージをかき立てるので、読み物として優れた内容である。

こんなに簡単に、しかもやさしく、経営のイロハを教えてくれる先生が存在するならば、是非ともお近づきになり、ご教授を願いたいものだ。

会社経営には戦略的発想と戦術的思考の両方が必要であることは、理解できているのだが、それを実現するためにはベースとなる知識が要求されるということが身にしみてわかった。

体験をすることで知識の吸収力が飛躍的に上がる。

成長するための環境に自分を置くこと。
問題を歓迎し、障害を乗り越える覚悟こそが、自身を成長さえる支えになる。
そんなメンタルな部分と経営の知識の両方が学べる良書である。

で、餃子屋と高級フレンチでは、どちらが儲かるかって?

そんなことを気にしているうちは、商売を繁盛させることはできない、ということがよく理解できますよ。


続きを読む...





|

« 「プロ経営者」の条件 | トップページ | 夢をかなえるお金持ちの法則 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 餃子屋と高級フレンチでは、どちらが儲かるか?:

» 手紙の書き方、ビジネス手紙はどのように書くか、お礼、見舞いの手紙 [手紙 書き方 例文]
手紙の書き方、ビジネス手紙はどのように書くか、お礼、見舞いの手紙はど例文がいいのかを手紙の長所、短所も交え考えてみませんか? [続きを読む]

受信: 2007年3月10日 (土) 14時02分

» 平秀信 [平秀信]
利益率80%のビジネスが存在した。新しい儲けの仕組みが3年間の封印の末についに明かされた。それは「あなたの成功事例を同業他社に売ってしまう」というものなんですね。 [続きを読む]

受信: 2007年3月10日 (土) 14時30分

« 「プロ経営者」の条件 | トップページ | 夢をかなえるお金持ちの法則 »