« なぜ?あなたはIT導入に失敗するのか | トップページ | 成功の掟2 »

2006年10月25日 (水)

イザというときに100%の実力を発揮する法

026387470000高畑好秀著 『イザというときに100%の実力を発揮する法』

他人の評価に振り回されて、本来の実力を発揮できない人に、強力なアドバイスを与えてくれる本。

著者は、プロスポーツ選手のメンタル・トレーニングを指導している人。
プレッシャーに押しつぶされそうになっている人に対する洞察が深く、スランプを脱出する方法論にも長けている。
指導が具体的で、的確であるのを感じる。

読んでいて気づくのは、人は他人の言葉に簡単に傷つく存在だということ。
ちょっとした失敗を指摘されたり、注意されたりしたことが、自分の意識(「失敗しちゃったな」という意識)と結びついたときの心に与える影響の大きさを感じた。

この本の内容を非常に大雑把にまとめると
「気にするな」
ということだろう。

他人が言うことは、他人の意見であって、100%事実ではないということ。
また、自分の思い込みしてもしかり。100%事実ではないのだ。
いや、むしろ事実でないことの方が多い。
そんな他人の意見や自分の思い込みに振り回されてはいけない。

自分は成功できるのだ。成功するために生まれてきたのだ。と思い込もう。

と決心しても、なかなかそれが出来ないのも事実だ。

そこで、高畑氏はイメージトレーニングの重要性を説いている。
「そんなもの効果ない」と思うのも勝手。
しかし、成功のイメージをし、行動を促進すれば、事態は必ず好転するはずだ。
行動の方法論が間違っていれば、思い通りの結果にならないこともあるかもしれないが、失敗をイメージし、何も行動しない(できない)よりは、よい結果がでるはずだ。
がっかりする必要はない。成功をイメージしていれば、次のチャンスは必ずやってくる。

投資ゼロの成功法則。「イメージトレーニング」はやっぱり強力な武器である。


続きを読む...





|

« なぜ?あなたはIT導入に失敗するのか | トップページ | 成功の掟2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イザというときに100%の実力を発揮する法:

« なぜ?あなたはIT導入に失敗するのか | トップページ | 成功の掟2 »