« 「おなかのすく人」はなぜ病気にならないのか | トップページ | 不可能を可能にする成功力 »

2006年9月13日 (水)

うまい逃げ方

476678363801宋文洲著 『うまい逃げ方―人生、できることだけやればいい!』

気持ちの良い本だった。

ネガティブなタイトルとは裏腹に、自己責任ということを強調した非常にポジティブな内容だ。
宋さんの考え方に、すごく共感した。

現状を悲観的に考え、日々「つらい」と思いながら生きるのは、そろそろ終わりにしよう!
そんなにつらいのなら、やめてしまえ、逃げ出せ!

という切り口で始まる宋さんの主張には、物事のマイナスの面ばかりを強調して、自分がやるべきことに集中できないのであれば、やる意味がない。どうせやるなら、とことんできることに取り組みなさい。というポジティブなメッセージが前提になっている。
ここにも、世の中や他人に意見に左右されることなく、自分の考え方をしっかりと持てという考え方が存在している。

他人の視線、他人の価値観に振り回されている間は、いつまでたってもつらいはずです。

そのとおり、これが基本だ。
どんな環境でも困難は待ち受けているのだ。それを「つらい」と思うか、「やりがいがある」と感じるか。

もっと言うと、困難を「自分の使命」と捉えられるか。
ああなれば楽になる。こうなれば幸せになれる。という考えではなく、自分が今いる環境が幸せを作る土台なのだと気づくこと。
これが重要なのだろう。

起業の精神とは、こうした不安、孤独感とどこまで闘えるのか。それに尽きるといっても過言ではないでしょう。

雇われていても、自分の人生に責任を持ち、目の前のことに集中し、新たな価値や仕事を創造していける人は、起業家であるといえる。
そんなスピリットを待って生きなければ、本当の幸せはやってこない。
そして、自分にとっての本当の幸せ、自分ならではの価値観を確立するのだ。

どんな成功者だって、人として弱い顔をもっている。それを支えるのは家族

この現実的な意見に、強く共感した。
他人から評価されたい、世間から「かっこいい」と思われたい、と思っている間は「つらさ」は続くだろう。

自分の価値観に合わないものはやめてしまえる潔さ、あきらめのよさを身につけたとき、人は穏やかな心を持ち、やるべきことに集中できる。

自分を大切にし、自分なりの幸せを見出している宋さんの意見に強く共感した。


続きを読む...





|

« 「おなかのすく人」はなぜ病気にならないのか | トップページ | 不可能を可能にする成功力 »

コメント

こんにちは。
興味深い本ですね。早速店頭で手にとって見たいと思います。いつもビジネスのためになる本を紹介していただいてるので、とても参考にしています。これからも更新、楽しみにしております。突然のコメント、失礼しました。

投稿: ホームページ制作「ホームページマジック」 | 2006年9月13日 (水) 10時47分

ホームページマジックさん、はじめまして。
コメントありがとうございました。

集客のプロがつくった、制作料無料の成功報酬型ホームページ。
非常に斬新ですね。
参考にさせていただきます。

自分のペースですが、定期的に更新していますので、ちょくちょく遊びにきてください。
お待ちしてます。

投稿: 成功おたく | 2006年9月13日 (水) 15時33分

お約束どおり、お邪魔しました。
アメブロからやってきたMind-Edge Cafeの盛田克男です。なかなか関心の持てる本をたくさん読んでらっしゃいますね。またのぞきにきますね。

投稿: 盛田克男 | 2006年9月13日 (水) 23時21分

盛田克男さん、はじめまして。
コメントありがとうございます。

盛田さんのブログは非常に面白く、参考になります。
是非、またよらせていただきます。

ご訪問ありがとうございました。

投稿: 成功おたく | 2006年9月14日 (木) 10時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: うまい逃げ方:

« 「おなかのすく人」はなぜ病気にならないのか | トップページ | 不可能を可能にする成功力 »