« 5年後にお金持ちになる資産運用 | トップページ | できる営業マンは 値引きなし・接待なしで 1.5倍売る »

2006年9月 5日 (火)

脳と心の洗い方

489451232701苫米地英人著 『脳と心の洗い方~「なりたい自分」になれるプライミングの技術~』

ものすごく難しい内容に思えた。
著者が言うことが断片的にしか頭に入ってこなかった、というのが正直な感想だ。

「現実の世界を疑え」
「物事に対する自分の解釈は、他人の解釈がたぶんに入っていることを認識しろ」
ということが前提なのだろう。
その上で、「今の自分」を自分の解釈で把握し、「なりたい自分」を強くイメージする。
そのことができれば、脳は自動的に目標を達成する行動を起こし始める。
といった感じなのだろうか。

無意識レベルまで勘違いをすると不思議なことが起こります。世の中がそうなっていくのです。

言わんとすることは良くわかる。
結局、セルフイメージが変わると他人もそれに合わせてくれて、そう扱ってくれるから、自分をとりまく世界が変わるということなのだろう。

まだ起きていない出来事に対して、今エネルギーを使うことを無理矢理やらせるための回路がプライミングです。

この技術は確かに魅力がある。
「将来、何かをすることが、“今”気持ちがいい」と思うようになれば、今、行動を起こすことができる。いや、行動を起こしてしまう。
そう思える技術がプライミングなのだろうが、その手法は、ちょっと難しく感じてしまう。(難しく感じるように、書かれている気もする。)

書評も見事に断片的になっている。
今までの成功法則とは、明らかに違う脳機能学者が説く、成功のための原理ということだが、どこが違うのか、私にはいまいち理解しがたかった。
それは、私が苫米地氏言うところの「世の中に洗脳されている」状態だからだろうか?

結局、今、私が継続的に取り組んでいる、ポール・マッケンナ氏の『7日間で人生を変えよう』のプログラムは「間違いない」という結論を与えてくれた。
苫米地氏の論理は、どうも少しひねくれた印象を与えるので、気分の悪くなる人もいるかもしれない。
その点、ポール・マッケンナ氏の著作はさわやかで、健全だ。(と私は思う)
『7日間で人生を変えよう』はこのブログには登場していないが、毎日の読書とは別に、毎日一章づつトレーニング感覚で読み続けている。
きっと、書評という形でこのブログで紹介することはないのではないかと思う。(思い入れが強くて、書評としてはアップできません。)

今日の結論としては、私の場合、今までのやり方を変える必要はない!ということだった。(苫米地先生、ごめんなさい!)


続きを読む...





|

« 5年後にお金持ちになる資産運用 | トップページ | できる営業マンは 値引きなし・接待なしで 1.5倍売る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 脳と心の洗い方:

» 『脳と心の洗い方~「なりたい自分」になれるプライミングの技術~』苫米地 英人 (著) [ビジネス書評・ビジネス誌・ビジネステレビ ビジネスメルマガブログ:知識をチカラに!]
 ⇒『脳と心の洗い方~「なりたい自分」になれるプライミングの技術~』    苫米... [続きを読む]

受信: 2006年9月 5日 (火) 16時50分

« 5年後にお金持ちになる資産運用 | トップページ | できる営業マンは 値引きなし・接待なしで 1.5倍売る »