« 革命社長 | トップページ | 口コミ伝染病 »

2006年7月27日 (木)

日本人が知らない「儲かる国」ニッポン

453231278701ティム・クラーク&カール・ケイ著 『日本人が知らない「儲かる国」ニッポン―外国人起業家が教える成功術』

生まれたときからずーっと日本に住んでいるから、日本という国の現状が常識になる。当たり前のことだが、あえて意識することはない。
今目の前で起こっていることに対して、漠然と不満を抱いていたとしても、やがて疑問に感じなくなる。
「それはそういうもの、変えることよりも慣れる方が得策だ」と考えてしまう。

この本は、日本と日本人の良い点を認めた上で、おかしな常識や理解できない慣行を冷静に伝えてくる本だ。
自分の中で常識になっている毎日の現象を、あらためて「これっておかしくない?」と言われるのは斬新なことだ。

この本の優れている点は、おかしな点を「おかしい」と指摘することが目的ではない点だ。
「おかしなこと」を「おかしい」と認識して、それをどうビジネスチャンスと捉えるか?と考えさせてくれる。
また、ビジネスチャンスを捉えた実例を多々、紹介している。

日本には、日本独自の「おかしな」点がたくさんあるが、それは日本人が「おかしい」からではない。
気づかないだけだ。
そのことをなげく必要はない。ビジネスチャンスと捉え、利用すればいいのだ。

頭の中を「?」で一杯にしてくれる奥の深い本だった。
日本人以上に日本のことを知っている著者に敬意を感じた。


続きを読む...





にほんブログ村 本ブログに参加しています。今日も応援ありがとうございます。

人気ブログランキングに参加してます。こちらもどうぞ

|

« 革命社長 | トップページ | 口コミ伝染病 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本人が知らない「儲かる国」ニッポン:

« 革命社長 | トップページ | 口コミ伝染病 »