« デカい態度で渡り合え! | トップページ | 日本人が知らない「儲かる国」ニッポン »

2006年7月26日 (水)

革命社長

453403923909atvpdkikx0der吉越浩一郎著 『革命社長』

女性下着メーカー「Triumph」の社長の著作。
「吉越が社長になってから、天使のブラが1400万枚売れて、年商5倍。残業なしで休暇も増えたのに。」
という帯の文字が印象的な真っ赤な本だ。

“弱小の外資系”だったトリンプ・インターナショナル・ジャパンを好感度抜群の優良企業に立て直したサラリーマン社長、吉越浩一郎社長の最大の魅力は、その柔軟な脳の構造だろう。
既成の常識にとらわれない柔軟な発想で、顧客にとって、働く従業員にとって気持ちの良い企業を創り上げる。

しかし、そこには自分のやりたいことを貫き通すという信念の強さが必要だ。
人の反発は予想を越えた大きなものがあるはずだ。
それを乗り越えるために、ゆるぎない価値観が確立されている。
自身の理想を実現するために、時には厳しく、人が離れていくことも辞さない力強さを見せる反面、人の力を最大限に引き出すための自身の優しさも充分に表現する。

吉越社長の「自分が何を成すべきか」をはっきりと見据えている感覚に、ものすごい憬れを感じる。
自分の成すべきことに価値を見出し、それに邁進する自分自身にもゆるぎない価値を見出す。
そこからくる自信は、どんな障害をも乗り越える勇気を与えてくれる。

「Triumph」には非常にユニークな社内制度が多い。
その社内制度には、ひとつひとつ深い意義を感じる。そして、そのことを社員が理解している。
社員一人一人が、トップの意思を感じ、同じ方向を向いて、誇りを持って全力を尽くしながら毎日を過ごしている。
そんな理想的なことばかりではないのかもしれないが、「Triumph」には日々出現する多くの問題を、きちんと乗り越えるだけのパワーを感じてしまう。
「Triumph」の熱意ある社風を支える早朝会議のあり方に、その秘訣があるのだろと感じた。

当たり前だと思うことを、ただひたすらに、諦めずにやり続けただけ

この一言を言うために、どれだけの決意と努力が必要であったのか。
そのことを考えるだけで、心が熱くなる。


続きを読む...





にほんブログ村 本ブログに参加しています。今日も応援ありがとうございます。

人気ブログランキングに参加してます。こちらもどうぞ

|

« デカい態度で渡り合え! | トップページ | 日本人が知らない「儲かる国」ニッポン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 革命社長:

» 「革命社長」吉越浩一郎 [本から摂ろう!!人生のサプリメント]
トリンプ社長、吉越浩一郎氏の18期連続増収増益達成させた秘密。「革命社長」 の記事 [続きを読む]

受信: 2006年8月20日 (日) 16時18分

« デカい態度で渡り合え! | トップページ | 日本人が知らない「儲かる国」ニッポン »