« ミリオネア・マインド 大金持ちになれる人 | トップページ | 人生が驚くほど逆転する思考法 »

2006年7月20日 (木)

iモード事件

404883633109松永真里著 『iモード事件』

これは新規事業立ち上げのバイブルだ

ちょっと古めの本、旬の本ではないが、この帯の言葉に惹かれて、読み始めた。
リクルートで就職情報誌の編集長を歴任していた著者が、携帯電話のインターネットサービスを立ち上げるために畑違いのIT業界で、奔走する姿が克明に描かれている。

松永さんの「できない」を「できる」に変えていくパワーに感服した。
絶対に成功させる、成功させるために自分は存在しているのだという信念と情熱、そして自分を信じる心。
そこから多くの人たちの協力を引き出し、最適なチームが結成されていく。
自分のやり方を貫き通すために、「押す」だけではなく「引く」ことも巧みに使い分ける柔軟さ。

ここがポイントなのだ。

松永さんには、心の強さと頭の柔らかさが伴なっている。

自分を信じるとともに、他人も信じることができる。
他人に自分には無い個性と知識、技術があることをはっきりと認め、役割を認識している。
もちろん、自分の持ち味も認めているから、へんな強情さを感じることはない。

新規事業立ち上げということは、未知の世界にチャレンジすることだ。
未知の世界へのチャレンジを、自分ひとりで成し遂げようと思ってはいけない。
自分の思い描く姿を実現するためには、多くの人たちの協力が得られねばならない。
そのために何が必要かを、実体験を通して教えてくれる良書だった。

帯の言葉に嘘はなかった。


続きを読む...





にほんブログ村 本ブログに参加しています。今日も応援ありがとうございます。

人気ブログランキングに参加してます。こちらもどうぞ

|

« ミリオネア・マインド 大金持ちになれる人 | トップページ | 人生が驚くほど逆転する思考法 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: iモード事件:

« ミリオネア・マインド 大金持ちになれる人 | トップページ | 人生が驚くほど逆転する思考法 »