« 金なし・コネなし・経験なし社長の超・経営術 | トップページ | 3分で右脳が目覚めた。 »

2006年6月25日 (日)

星のアカバール

447893055409オグ・マンディーノ著 『星のアカバール』

久しぶりにオグ・マンディーノを読んだ。

本書は人生の本当の意味とは何なのか、生きるということはどういうことなのか、真の成功とは何か、といったもっとも大切な生の基盤を教えてくれます。とかく物質的成功のみが押し出されて見える現代社会の価値観の中で、真の生き方を見いだす手助けをしてくれるこの物語を、多くの人々にとどけたいと願い、翻訳をさせていただきました。

翻訳者の牧野・M・三枝さんのあとがきが、非常に的確で、素晴らしい書評になっている。一見、難解なこの寓話を、見事に解釈している。
オグ・マンディーノの原分が素晴らしいことはもちろんだが、翻訳者の解釈が的確であるため、この本の輝きが増している。

だが、地球人は特別だ。なぜかは明らかになっていないが、宇宙にある生命が存在する星の中でも、地球はめずらしい場所なんだよ。この星に住む人々だけに特別な力が与えられているんだ。
それは「選択」という力だ。

選択の力といっしょに君たちは、創造主が与えるもっとも貴重な贈りものである「命のきらめき」を受け取った。それと同時に、自分自身の特別な才能を、それがなんであれ、役立てて、やってきたときよりも去るときのほうがこの世界がよくなるようにする義務があるんだ

逆境はわざわいではない。それは祝福なのだ。
天にあるもっとも明るい星々は苦しい試練というきびしいテストをくぐりぬけてきた人たちだ。まったく逆境にあわなかった人間がいたら、ぜひ教えてほしい。そうしたら私は、地上でもっとも不幸な人間を教えてやろう。

自然の法則に反せず、かんたんによい生活をする方法など、今まで存在したためしはないのだ。
自然の法則に反したならば、人は必ず破滅する。

オグ・マンディーノらしい人生哲学と、それを実践する登場人物たちの行動にどれだけの人が励まされることだろうか。

逆境にあるときこそ、人は真価を問われるのだ。

成功法則を超えた素晴らしい人生哲学と美しい寓話。

オグ・マンディーノの本は、世代を選らばず、時代を超越し、語り継がれることだろう。


続きを読む...





にほんブログ村 本ブログに参加しています。今日も応援ありがとうございます。

人気ブログランキングに参加してます。こちらもどうぞ

|

« 金なし・コネなし・経験なし社長の超・経営術 | トップページ | 3分で右脳が目覚めた。 »

コメント

お久しぶりです。今日は休みなので久しぶりに自分のブログをチャックすると成功おたくさんからのメッセージを見て早速書込させていただきます。私も、以前この作品を読みましたが、オグ作品の中でも牧野さんの翻訳作品は他のかたがたと違いとてもファンタジー性を強く表現されているためかとても読みやすいですよね。また、遊びに来てください。あと一緒にトラックバックさせていただきます。

投稿: mhpce | 2006年6月25日 (日) 15時26分

mhpceさん、お久しぶりです。
早速コメントしていただき、ありがとうございます。

しばらく、小説を読んでいませんでしたが、時おり読むべきですね。
特に、オグ・マンディーノは最高ですね。
想像力が、ぐっと湧き立ちます。
人生を豊かにする良書との出会いに感謝してます。

また、遊びに来てください。お待ちしてます。

投稿: 成功おたく | 2006年6月26日 (月) 06時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 星のアカバール:

» 星のアカバール オグ・マンディーノ著 [mhpceのプログ]
=== 星のアガバール === 本日紹介するのは、オグの最新翻訳です。 ある村に不幸な出来事が続き、身寄りの無い2人の兄弟の下に、「星のアガバール」が登場すると、大人たちの醜い利権により、子供たちを誘惑しますが・・・ 本書の中でのテーマは、クレデンタ {{{ クレデンタ 「もっと賢い人々、もっとも満足し、何かを学びたい人々には、どれだけ物理的・時間的にも離れていようと、皆共通の生き方をしている。あたかもほかの人類とは別の法則によって導かれていたかのように。彼らの心静かな良い人生の..... [続きを読む]

受信: 2006年6月25日 (日) 15時26分

« 金なし・コネなし・経験なし社長の超・経営術 | トップページ | 3分で右脳が目覚めた。 »