« リセット人生・再起動マニュアル | トップページ | 人生にはチャンスが三度ある »

2006年6月17日 (土)

千円札は拾うな。

026356240000安田佳生著  『千円札は拾うな。』

「目の前に千円札が落ちていたらどうしますか?
一目散に駆け寄って拾いますか?
気になりつつ通り過ぎますか?
それとも気にも留めずに素通りしますか?」

この問いかけには、心が動揺する。
あえてこう問われるということは、「拾います」と言ったらいけないのだろうなとも思う。

現実、目の前に千円札が落ちていたら、拾うでしょう。

拾いますよ、躊躇なく。そして、周囲を伺ってしまう。
「周りに誰かいないかな」と。いなければ、シメシメといった感じだろう。
「千円、拾った!」という小さな満足感と「もっと落ちていないかな」という欲望と
「もらっていいのかな」という罪悪感で、頭が一杯になることだろう。

これが現実だ。
著者はこのことを指摘しているのだ。

多くの人が目の前の小さな現実に翻弄されて、周囲に存在する大きなチャンスを見逃しているのだと。

「千円札を拾うな!」という言葉、あくまで比喩だ。
皆が当たり前にやることに、常識と言われていることに疑問を持ち続けれろと言っているのだ。

著者の安田さんの発言はかなり、大胆で非常識だ。いや、非常識に聞こえる。
「勤勉は悪、努力は報われない」
「優秀な人材には仕事をさせない」
「無駄のないところに豊かさはない」
「自分の給料を下げる努力」
数え上げたらキリがない。かなり「おっ!」と思わせるタイトルが並んでいる。
また「本郷猛を鍛えるな!」といった、何が言いたいのかを予測できないタイトルも多い。

読めば言わんとすることはよく理解できる。
特に「四半期決算の落とし穴」には、なるほど!と膝を打つ。

総じて、「人より3歩先を見て行動しろ!」と言っているのだ。

この「人より先を見て行動する」という考え方と、「変化することは捨てること」という考え方が組み合わさって、安田さんの思考が飛躍しているのが分かる。
主藤孝司氏が一時期主張していたジャンプシンキングを思い出す。
岡本吏郎氏の「成功の秘訣は、人がやらずにいることをやること」に通じる考え方だ。

常識、トレンドにとらわれて、付和雷同的に行動することの愚かしさを、逆説的な発想でするどく斬る。
小さな現実に振りまわされて、物事の本質が見えなくなっている思考に刺激を与える良書との出会いだった。


続きを読む...





|

« リセット人生・再起動マニュアル | トップページ | 人生にはチャンスが三度ある »

コメント

「自分の給料を下げる努力」って?どういう事?
興味をそそられ、読んでみました。
なるほど納得です。
これからも、書評楽しみにしてます。

投稿: momokichi | 2006年6月17日 (土) 17時00分

momokichiさん、いつもコメント有難うございます。

momokichiさんの書評も参考にさせていただいています。
これからもよろしくお願いします。

投稿: 成功おたく | 2006年6月17日 (土) 19時12分

はじめまして(^U^)/
トラックバックありがとうございました☆
書評を拝見して『千円札は拾うな。』ますます読みたくなってきました♪
他のも参考にさせていただきますね(≧▽≦)

投稿: 和華 | 2006年6月17日 (土) 21時50分

和華さん、はじめまして。
コメント有難うございます。

頭に刺激を与えるいい本ですよね。
定期的に読むのもいいかもしれません。

また、遊びに来てください。お待ちしてます。

投稿: 成功おたく | 2006年6月18日 (日) 04時24分

成功おたくさん
トラックバックありがとうございます。
5zoと申します。
すばらしい書評ですね。
1000円札、絶対に落ちていたら拾ってしまいますね。
でもそれで良いとも思います。

投稿: 5zo | 2006年6月18日 (日) 10時35分

TBありがとうございました。
面白かったですよね、この本。
自分とさほど年齢の違うわない
方がここまで書けるんだ・・・
と少し焦りました。
これからも読み漁って
そしていつしか必ず成功してください!

投稿: Nakagawa | 2006年6月18日 (日) 15時10分

成功おたくさん
トラックバックありがとうございます。

私も同じような感想を持ちました。

物事をどう見えるかって事は全ての発想の原点につながるように思います。

投稿: pakunko2002 | 2006年6月18日 (日) 19時59分

5zoさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。

お褒めいただき恐縮です。
千円札が落ちていれば、現実は拾ってしまいますよね。
それは、それでかまわないのでしょうね。

安田さんは、そのことに疑問を持つ事が大切だといっているんでしょうね。

また、遊びに来てください。お待ちしてます。

投稿: 成功おたく | 2006年6月19日 (月) 11時31分

nakagawaさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。

ご声援、感謝いたします。
これからも読み漁ります。
(最近、さらに加速度がついてきています。)

また、遊びに来てください。お待ちしてます。

投稿: 成功おたく | 2006年6月19日 (月) 11時40分

pakunko2002さん、はじめまして。
コメントありがとうございます。

安田さんの常識を疑って考える思考法や、物事を裏側から見たり、逆転して見る考え方は、非常に参考になりますね。

新鮮でした。

また、遊びに来てください。お待ちしてます。

投稿: 成功おたく | 2006年6月19日 (月) 11時44分

トラックバックありがとうございます。
はじめまして、たろ と申します。
常識や価値観さえもトレンドにより絶えず変化して
ゆくのが現実なのだと最近感じています。
おっしゃるように、物事の本質や
少し先のことを見極める思考というのは大切ですよね。

投稿: たろ | 2006年6月20日 (火) 01時25分

たろさん、はじめまして。
コメント有難うございます。

そうですね、常識やトレンドに流されないしっかりとした考え方が必要ですね。
情報の扱い方が、その人の生き方を左右するのでしょう。
少ない情報で物事を判断しないように気をつけたいものです。

また、遊びに来てください。お待ちしてます。

投稿: 成功おたく | 2006年6月20日 (火) 06時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 千円札は拾うな。:

» 千円札は拾うな [東京からオリックスを応援]
この本はワイキューブの社長が書いたもの。 たしかに感心させられる部分があるが、 せっかく人材をお金をかけて成長させるのはいいが、 その人材が出て行ったらどうするの? とりあえずなんかむかつく本です ... [続きを読む]

受信: 2006年6月17日 (土) 11時19分

» 千円札は拾うな。 [乱読日記]
安田 佳生 千円札は拾うな。 [要旨] 残業をやめれば、給料は増える。見えてる人には見えている、常識の「半歩先」の考え方。『採用の超プロが教えるできる人できない人』から3年、読者待望の「安田式・人生を劇的に変えるビジネスバイブル」。 なんですが... [続きを読む]

受信: 2006年6月17日 (土) 20時56分

» 千円札は拾うな [ちっちゃなハッピーをあつめて~目指せ☆素敵mama~]
『千円札は拾うな。』¥1260                著者:安田佳生 千円札は拾うな。・・・ 千円札を拾うと得をする? でも、千円札を拾った人は本当に得をするんでしょうか? もしもその千円札の隣に一万円札が落ちているとしたら・・・。 もちろん一... [続きを読む]

受信: 2006年6月17日 (土) 21時39分

» 千円札が落ちていたら? [気ままにのんびりと]
 奇抜な題名の本に弱いので、ついつい「千円札は拾うな。 」を読んでしまいました。 本書の前半は、近年の雇用流動化の流れの中で、「勤勉・努力」の定義が変わり、以前のようにただ頑張るのではなく、「勤勉=新しい仕事のやり方を考え実行する」、「努力=minで成果を出... [続きを読む]

受信: 2006年6月17日 (土) 23時03分

» 千円札は拾うな [焼津発信!二代目社長の悩める日記]
「千円札は拾うな」なんて凄いタイトルなんでしょう。 昨日久しぶりに近所の本屋に行って、このすごいタイトルの本を思わず手にとってしまった。 後で知ったのですがとっくにベストセラーにもな�... [続きを読む]

受信: 2006年6月18日 (日) 19時53分

» 「千円札は拾うな。」安田佳生 [雑板屋]
「千円札を拾うな。」安田佳生著 なんとも豪快なタイトルだ! にしても実際には千円以上の金額を払い、本書を購入し即プレゼントするきっかけを作ったのは、うちの相方だ。 普段は新聞やコミックを愛読するような活字のみの本を滅多に読まない相方。大型書店のビジネ...... [続きを読む]

受信: 2006年6月19日 (月) 23時47分

» Yシャツ 430円 [blog@tarchi]
千円札は拾うな。 を読んだ。 著者は、安田佳生(株式会社ワイキューブ代表) 知人のblogに見つけ、おもしろそうなので 実際に手に取ってみることにした。 あちらこちらで共感、感心しつつ さくさくと楽しく読むことができた。 ... [続きを読む]

受信: 2006年6月20日 (火) 01時13分

» 本:「千円札は拾うな。」 [Blogliate Life]
「千円札は拾うな。」という意味深長なタイトルの付いた本のご紹介です。 本の表にも「見えている人には見えている、常識の半歩先の考え方」などと記載されていますが、普段私のような凡人が思いつきにくいようなことなどが... [続きを読む]

受信: 2006年6月24日 (土) 15時12分

« リセット人生・再起動マニュアル | トップページ | 人生にはチャンスが三度ある »