« 成功の鍵 | トップページ | なぜ、占い師は信用されるのか? »

2006年5月30日 (火)

お金の現実

447873309001岡本吏郎著 『お金の現実』

恐ろしく現実的な本だった。
結論は、お金を貯めるためには長く働き、節約をすることだと、言い切っている。
「夢がない」と岡本さんは言う。しかし、それが現実だと。
夢がなくても、これが一番確実な方法なのだと。

そんなことはわかっているが、やる人間は少ない。
多くの人たちは一発大逆転の夢を描く。今は特にそれがブームなのだと。
ブームにのって、他人と同じ事をしていても、そこに成功はない。
夢がなくても、人がやりたがらない最も堅実な方法を取ることが、成功の最大の秘訣だと、岡本さんの主張は一貫している。

『成功はどこからやってくるのか?』での、クールな論理展開に惚れ惚れとするが、この本もかなりクールで現実的だ。
一見、天邪鬼で皮肉屋に感じるが、その主張に沢山の現実を見ることができる。

そう、ブームに乗って、一時的な感情で時間を無駄に過ごしてはいけないのだ。

確かな人生観に基づいた長期的な視野で、行動をし続けねばならないのだ。
そして、長く働き、節約し、財産を築くことにどんな意味があるのかを問い続けるのだ。
そこに自分の生きる意味がある。

お金の現実と自己の哲学。
密接に関連していることを、気づかせてもらった。


続きを読む...





にほんブログ村 本ブログに参加しています。ポチッと応援、お願いします。

人気ブログランキングに参加してます。こちらもどうぞ

|

« 成功の鍵 | トップページ | なぜ、占い師は信用されるのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お金の現実:

« 成功の鍵 | トップページ | なぜ、占い師は信用されるのか? »