« 「稼ぐ人」だけが知っている!13の氣づき | トップページ | 愛のバタバタ貧乏脱出大作戦!! »

2005年8月25日 (木)

すぐに利益を急上昇させる21の方法

4492555188ブライアン・トレーシー著『すぐに利益を急上昇させる21の方法』

似たような本を続けて読んでしまうのは、何故でしょうか?

昨日の岩元貴久さんの『稼ぐ人だけが知っている13の氣づき』、「マーケティングの本はもう読むな!」といわれているのに、今日手にとった本がこれです。人間って、アマノジャクですよね。読み始めてから「あー、読んじゃいけなかったのね」と思いましたが、最後まで読んでしまいました。

結論から言います。この本にも、知らないことは基本的には書いてありませんでした。経営に関する本も、かなり読んでいる方なので、知らない概念はなかったと思います。

この本の原題は『Turbo Strategy』。日本語に直すと『加速戦略』とでも言いましょうか、成功を加速させるための戦略ということですよね。
結局、このアメリカの有名なコンサルタントが言いたいことも、スピーディに業績を向上させたければ、新しい知識・テクニックの導入に力を注ぐよりも「知っていることをちゃんとやり通しなさい」ということなのです。

この本の中には、いろいろと戦略に関する考え方と知識が説明されています。
しかし、これらはすべて経営学の教科書の中ですでに登場しているすこぶるメジャーな概念ばかりなのです。マーケティングの4PとかPPMとかSBUとかコア事業とかGOSPAモデルとか、内容をきちんと理解していなくても、やっぱり「何を今更?」と思ってしまうんですよね。
しかし、昨日紹介した『稼ぐ人だけが知っている...』の中の
「学習するうえで避けなければならないことは、知っているつもりになって、ほかの意見を軽んじることです。これは学習する人にとって何の価値も生み出さないばかりか、せっかくのアイデア創出の機会を失うことになってしまいますから注意してください。」
という言葉を思い出して、最後まで読んでみてください。

「いやー、忘れてた」というのが正直な感想ではないでしょうか。
私の場合、この本を読んで、ばらばらだった戦略に関する知識がすっきりとつながったように感じました。
本を読んで新しい知識を導入することも重要ですが、基本を思い出し、それらをきちんとつなげて考えるということは絶対に必要だと思います。知識は知っているだけでは、何の役にも立ちません。実践し、活用してこそ、学習の成果が出るという当たり前のことを教えてくれる本でした。

やっぱり、経営や商売について難しく考えすぎている自分に気づきました。
序章にある女性経営者の話です。

「何がうまくいっているの?」「うまくいっていないのは何?」うまくいっていなければ、方法を変えるか、やめてしまいましょうと言った。うまくいっていれば、もっとやりましょうと言った。

これなんですよね。このシンプルさに立ち返ることが必要だと思います。
現状を冷静に見つめるために、そして、変えたり、やめたり、もっとやるために知識をフル稼働する。
これが大切なんですね。

基本に立ち返ります。

知らないうちに3位まで転落しました。皆様の応援がたよりです。応援クリックお願いします。ブログ村ビジネスランキング

こちらももう少しです。目指せ25位以内!今日も応援有難うございました。人気ブログランキング

|

« 「稼ぐ人」だけが知っている!13の氣づき | トップページ | 愛のバタバタ貧乏脱出大作戦!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: すぐに利益を急上昇させる21の方法:

« 「稼ぐ人」だけが知っている!13の氣づき | トップページ | 愛のバタバタ貧乏脱出大作戦!! »