« 君に成功を贈る | トップページ | 他人より先に洋書を読んで億万長者になりなさい »

2005年7月12日 (火)

ちょっと話してみました

4766207742船井幸雄・浅見帆帆子対談『ちょっと話してみました』

なんともつかみ所のない本です。

私は船井さんの本も、浅見さんの本も好きです。何冊も持っています。見えない世界のことを語るのが、二人の特徴だと思います。そういう気分にひたりたい時に読んでいます。
特に浅見帆帆子さんの本は、ほんわりした感じで、女性向けの本だとわかっているのですが、ついつい読んでしまう魅力があります。そこはかとない安心感と幸福感に包まれます。浅見さんの、育ちが良さそうなお嬢さんという雰囲気を持っていながらも親しみやすい感じが多くのファンを獲得しているのだと思います。この人に「精神レベルを上げれば、幸せに生きられるのよ」なんて直接言われたら、「うん、うん」って言いながら、ただひたすらうなずいてしまうような気がします。(いかん、かなり親父モードが入ってしまった。)

船井幸雄さんの場合も、この人の世界を完全に創り出しているので何も言うことはないのですが、「これだけよく抽象的になったな」というのが、私の感想です。
私はサラリーマン時代、船井総合研究所のコンサルタントにお世話になったことがあるのですが、ここのアドバイスは非常に具体的です。商売ということの基本を押さえていて、顧客獲得ということを非常に科学的に研究しているという印象があります。その印象の中で、この創業者の著作を読むとそのギャップに悩みます。
そのコンサルタントが「(船井氏は)行くとこまで、行っちゃってますから」みたいな発言をしていたのがやけに記憶に残っています。その時、商売人というのは行くところまで行くとこういう見えない世界を論ずるようになるものなんだろうなと妙に納得した覚えがあります。

結論を言うとですね、この本は二人についての事前知識のない方は読まないほうがいいです。おそらく退屈です。書いてあることの意味がわからないと思います。
それぞれの著作を読み、その内容に共感した人だけが読むべき本だと思います。読み方を間違えると、確実に怪しい本という評価になると思いますので。

応援有難うございます。人気ブログランキング

今日も応援感謝します。ブログ村ビジネスランキング

|

« 君に成功を贈る | トップページ | 他人より先に洋書を読んで億万長者になりなさい »

コメント

トラバありがとうございました。
私もこの本読みました。
というか、帆帆子さんの本をほとんど読んだので。。。
なんだか元気がでますよね。
本田健さんの本もいいですね。

投稿: 羽扇 | 2005年7月15日 (金) 23時04分

羽扇さん、コメントありがとうございます。
浅見さんの本も定期的に読んでいます。
また感想を書きますので、その際はよろしくお願いします。
それでは

投稿: 成功おたく | 2005年7月16日 (土) 22時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ちょっと話してみました:

« 君に成功を贈る | トップページ | 他人より先に洋書を読んで億万長者になりなさい »