« 人生の目的が見つかる魔法の杖 | トップページ | このままで終わりたくない人が読む本 »

2005年7月 3日 (日)

自由業・フリーで生きるためのマニュアル

4756902626野口哲典著『自由業・フリーで生きるためのマニュアル―就職しないでメシを食う法』

突然ですが、ノウハウ本を一冊。この本は成功法則本ではないですが、一時期私のバイブルだったので紹介します。

私の場合は、結構衝動的に(自分ではそう思わないのですが、周囲の多くの人からそう思われている)会社を飛び出したので、会社に所属しないで生きていくということの準備が不足していました。
問題に出会ってから、行き当たりばったりで解決法を学んでいくということの繰り返しをしました。もちろん今でもそうなのですが、会社をやめた当時は毎日ノウハウ本のお世話になっていました。
具体的に言うと、税金や経理に関すること、保険などに関すること、そしてとにかくお金を稼ぎ出すこと。この手のノウハウ本は片っ端から読みました。その中でもこの本には随分助けられました。
この本の何が私を助けてくれたかと言うと、まずはフリーで生きるということの全体像を見せてくれたことです。そして、今さら恥ずかしくて人に聞けないような事務処理的なこと(特にお役所がらみですかね)を、親切に教えてくれたことです。そしてなんと言っても感謝すべきは、不安に対する対処法が具体的に書かれており、家族(特にカミサン)との接し方の例を示してくれているところです。独立してみて思うことは、実はこういうところに落とし穴が多いということです。野口氏がいみじくもこう言っています。

「不安がいやなら、雇われればいい」

まさに、その通りだと思います。真理です。

「独立してまもなく襲ってきたのは孤独感だった」
以前紹介した神田昌典著『成功者の告白』の中での一文です。この一文の重みは経験した人間にしかわからないかもしれません。この孤独感と不安と向き合える人間しか、組織から離れて生きていく資格はないのだと思います。

子供が小さい。カミさんの機嫌が悪い。
そんな環境当たり前なのです。これこそまさに自分で作り出した環境なのです。
やりたいことをやっている幸せを思い知れ!という野口氏の叱咤激励は値千金だと感謝しています。

どんどん上がってきました。有難うございます。

こちらの順位はわかりやすいです。今日も応援有難うございます。

|

« 人生の目的が見つかる魔法の杖 | トップページ | このままで終わりたくない人が読む本 »

コメント

はじめまして。Trackbackありがとうございます。
私もこの手の成功本を読んで衝動的に会社を飛び出してみたものの、仕事がなくてトホホな毎日を送っております。
夢見た将来はどこへやら、貯金通帳の数字は減る一方です。
やっぱり成功法則なんてウソじゃないの?と疑りたくもなります。
そんな時、この本は大いに助けてくれました。
「不安がいやなら、雇われればいい」まさにその通りだと思います。

投稿: windy | 2005年7月 3日 (日) 23時13分

windyさん、こんにちは。コメント有難うございます。
SOHOのつらさ、お察しいたします。
不安とうまくつき合える心の強さが必要ですよね。
頑張りましょう。
それでは

投稿: 成功おたく | 2005年7月 4日 (月) 12時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自由業・フリーで生きるためのマニュアル:

« 人生の目的が見つかる魔法の杖 | トップページ | このままで終わりたくない人が読む本 »