« この世で一番の奇跡 | トップページ | きっと飛べると信じてた »

2005年7月17日 (日)

天職の作法

4479790942小阪裕司著『天職の作法』

本田健、神田昌典、小阪裕司。
この3人は今、日本で非常に魅力のあるトリオだと私は思います。時流に乗っているという感じがぴったりです。3人ともやりたいことをやって、楽しく豊かに生きましょうということを強調して、多くの人たちの支持を集めています。そして、それぞれ得意分野というか強烈な個性があります。

本田健氏はご存知、「幸せな小金持ち」。お金と上手につき合って、あくせくせずに生きていくというロバート・キヨサキ風の生き方を推奨していますよね。
神田昌典氏は、とにかく「儲ける」が心情です。最近は、この「儲ける」という言葉が多くの誤解を呼んでいるようで、「金儲けだけでは真の成功者にはなれない」という精神性を強調していますが、とにかく「金儲け」の達人ですね。
この二人は本当に時代の寵児といった感じです。

そして、今日登場する小阪裕司氏。この人はこの3人の中で最も知名度が低いかも知れません。しかし、確実に自分の世界を確立している人です。私は小阪裕司氏と出会って(出会ったといっても本を読んだだけです)、芋づる式に神田昌典、本田健の存在を知りました。
小阪裕司氏の得意分野は、「ワクワク系マーケティング」のキャッチフレーズでもわかるように、零細小売店が(零細でなくてもいいのですが)いかに独自性を発揮して、生き生きと商売するかという分野です。そして、その手法は決して小手先の販売促進手法ではなく、人の「魂」に関わる部分まで掘り下げる非常に奥の深いものです。著作の数々を読んでいただければわかりますが、本当に人生を楽しく生き生きと生きるために何が必要なのかと言うことを、わかりやすく楽しく諭してくれる商売人のカリスマです。(商売人のカリスマと言っても斎藤一人氏ともまた雰囲気は全然違いますね。)

この『天職の作法』は、商売の方法論を語った今までの著作とは違い、人の生きがいというものを取り上げた哲学書です。(哲学と言ってもそんなに小難しい内容ではありませんよ。)
自分が生きがいを感じる「天職」というものを、自分の外に求めているうちは絶対に見つからない。「天職」は「職業」ではない。自分の内側に存在するパワーの源なのだ。と言うのがその主張の根幹です。

こういう考え方って、本当にベーシックな成功哲学ですよね。成功する人としない人の大きな違いは、「運」や「人脈」といったツキの要素を、引き寄せていると感じているか、偶然ラッキーでやってきていると感じているかの差だと言います。
自分が自分らしく生きることが成功の一つの形です。自分らしさは当たり前ですが、自分の内側にしかありません。だから、自分の内面を大切にして、外部に振り回されない生き方をしていく。そこに行き着く人たちは、必ずお金と幸せの関係も真剣に考えている。

どんな本を読んでも、同じ結論に達してしまうのは、自分が求めている考え方は自分の内側にすでに存在しているということでしょうね。
本をたくさん読むと、いろんな人たちの考え方に接します。しかし、その本に共感するかどうかは、その時の自分が求めているものに左右されています。結局は「本」も「人」も自分が引き寄せているということですね。

応援有難うございます。人気ブログランキング

今日も応援感謝します。ブログ村ビジネスランキング

 

|

« この世で一番の奇跡 | トップページ | きっと飛べると信じてた »

コメント

小阪裕司氏ってしりませんでした。
ワクワク系マーケティングっておもしろそうですね。今度どれか買ってみまぁす。
「天職」は「職業」ではない。自分の内側に存在するパワーの源だってこの人は心理学者のように人間の内面をちゃーんと見てますねぇ。
だから、売れてるんですよね。

投稿: イヴォンヌ | 2005年7月17日 (日) 14時50分

おはようございます!ゆーきです。「天職の作法」よんでみたくなりました。小阪さんは、知らなかったのですが、興味がでてきました。「自分が自分らしく生きることが成功の一つの形」という言葉、考えさえられました。最近、元気がなかったので、書評で元気をもらいました。ありがとうございました。これからも楽しみにしています。では、またー。

投稿: ゆーき | 2005年7月18日 (月) 05時13分

イヴォンヌさん、こんにちは。
イヴォンヌさんのお気に召すかどうかわかりませんが、小阪裕司さんの本は良いと思います。
独特の雰囲気があります。軽くて嫌いな方もいるとは思いますが、それは好き好きですので。
是非、一冊読んでみて下さい。
それでは

投稿: 成功おたく | 2005年7月18日 (月) 12時32分

ゆーきさん、こんにちは。
小阪裕司氏は神田昌典氏の盟友です。(本人達がそう言っています。)
ゆーきさんは絶対気に入るはずです。
是非、読んでみて下さい。
ゆーきさんのブログに、小坂氏の本が登場することを楽しみにしています。
それでは

投稿: 成功おたく | 2005年7月18日 (月) 12時35分

トラックバックをありがとうございました。我が早起き鳥にお訪ねいただき感激です。またお時間が許せばお訪ねくださいませ。ありがとうございました。

投稿: 早起き鳥 | 2005年8月20日 (土) 19時13分

早起き鳥さん、はじめまして。
コメント有難うございます。

早起き鳥さんのほのぼのとしたブログ、いいですよね。
私もちょくちょくよらせて頂きます。

是非、またいらしてください。
それでは、失礼いたします。

投稿: 成功おたく | 2005年8月21日 (日) 07時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天職の作法:

» 天職の作法 [ついてる日記]
天職の作法 小阪裕司 大和書房 このアイテムの詳細を見る  「これまでのあなたの発明の中で、最も素晴らしいひらめきの結果は何でしたか?」それに対してエジソンはこう答えたんです。「それは赤ん坊の頭脳の中に天才を見いだしたことだ。生まれたての頭脳ほど”リトルピープル”にとって棲みやすいは所はない。つまり歳が若いほど自分の脳に宿っているリトルピープルの声に素直に耳を傾けることができるのである。大人になってからでは至難の業になるが、それでも何とか1%ひらめきと99%の努力があれば不可能ではない。」... [続きを読む]

受信: 2005年7月17日 (日) 18時07分

» 天職の作法 [HIDEのはじめの一歩]
昨日は小阪先生の講演がありましたので、この本を紹介させて頂きます。 「人は常に、自分を開花させるエネルギーとともにある。  そしてそのエネルギーとともに  開花の道を歩く事が、  天職を生きるという事なのです。  つまり、人は常に、天職とともにあると」 日々充実感がなく、意味がないと感じ、意味がありそうな「職」を探す人に、出口のない迷路に迷い込む可能性があると指摘されています。 「例えていうならお菓子の缶に入ったクッキーを探しているようなものです。この缶には入ってい... [続きを読む]

受信: 2005年7月24日 (日) 05時12分

» 天職の作法 [【早起き鳥】]
億万長者は例えば「たいていの人よりは勤勉に働くこと」などの自分の行動で「運」を引き寄せられると考え、年収1000万円未満の人たちは、そういった自分の行動とは関係ないところで、「運」がはたらくと考えています。 と本田健氏は分析しています。 天職を生きている人が見えている世界がそうでない人たちが見えている世界と異なっているのです。 それはこういうことなんです。 多くの人は自分... [続きを読む]

受信: 2005年8月20日 (土) 19時16分

» 小阪 裕司 (著) 『天職の作法』 (大和書房) [おすすめ本と最新映画情報【書評と映画レビュー】 本検索、本通販、映画館、読書感想文、評論、批評]
小阪 裕司 (著) 『天職の作法』 (大和書房) おすすめ度:★★★  本書は、著者である小阪 裕司氏の「作法3部作」シリーズの第一作目である。  現在、自分の従事している仕事は、自分にとって天職なのだろうかと自問自答している人は多いのではないだろうか。現在...... [続きを読む]

受信: 2005年11月15日 (火) 20時40分

« この世で一番の奇跡 | トップページ | きっと飛べると信じてた »