« 自分らしく成功する6つのレッスン | トップページ | 「行列のできるダントツ飲食店」の秘密 »

2005年6月21日 (火)

お金をちゃんと考えることから逃げまわっていたぼくらへ

4569615147 邱 永漢 、糸井重里著『お金をちゃんと考えることから逃げまわっていたぼくらへ』

お金のことを考えるのは、最近ちょっとブームだと思います。でも、なんでお金のことを考えなければいけないのだろうか?

生活を維持するためから始まって、それが叶うと少し贅沢を味わいたくなって、さらに贅沢になってみたいな考え方ってありますよね。際限が無いのかも知れない。でもそれじゃ、苦しいだけだって。

この本はお金のことというよりも、生き方をちゃんと考えさせてくれます。

邱さんが言ってます。
「苦しみだけを望んでいる人は、半端なことしかできないと思います」
「その苦しみは、幸せを求めている途中にあるからこそ楽しみなんだ」
そう、苦しむためにお金儲けをしている人は多いような気がします。
楽しむためのお金儲けをしたいなと真剣に思いますね。

邱さんの本を読んだことがありませんでした。これを機会に読んでみます。

いつも応援、有難うございます。

|

« 自分らしく成功する6つのレッスン | トップページ | 「行列のできるダントツ飲食店」の秘密 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お金をちゃんと考えることから逃げまわっていたぼくらへ:

» 株式上場するほど落ちぶれていないです。 [ビジネス知恵の輪!]
株式上場するほど落ちぶれていないです。 邱永漢さん今こそ「お金の神様」としてもう一度ご教授いただきたいものだ。 [続きを読む]

受信: 2006年2月 2日 (木) 07時47分

« 自分らしく成功する6つのレッスン | トップページ | 「行列のできるダントツ飲食店」の秘密 »