« なぜ春はこない? | トップページ | 読むだけ!右脳開発トレーニング »

2005年6月 8日 (水)

大きく考えることの魔術

4788907186 デイヴィット・J・シュワルツ著『大きく考えることの魔術―自己を生かす心理学』

タイトルだけで買った本です。
読んでいて気づいたのですが、『大金持ちになる人の考え方』を書いたシュワルツ先生の本でした。
しかもこれ相当古い本なんですね。日本で最初の出版は昭和45年というから、30年以上も前の本なんです。そういうことを踏まえてこの本を読んでいると、成功法則本というのは30年間あまり変化していない気がしました。
結局は心を積極的に持って、楽天思考でどんどん行動しろという考え方は、今も全く変わっていないですよね。この単純な教えは、ここ最近の教えではなく何百年、いや何千年も前から変わっていない普遍のものだと感じます。現代は飽食の時代で、求めなくても与えられることに慣れた人間が増えたから、積極思考が成功の切り札として成功本が流行っていると思われがちですが、実は消極思考はキリストさんの昔から人間の弱点だったようです。

と、こんなことを思ってしまったのはこの本が非常に丁寧に書かれている本だからでしょうか。
多くの成功本が消極思考の危機感を煽るだけの中で、シュワルツ先生の本は「こうしたらいいよ」が非常に丁寧に書かれています。しかも30年を経てもまったくその教えの有効性は薄れていません。
 ・ 「恐怖」の克服の仕方
 ・ 「行動する習慣」の身につけ方
は非常に有効です。

成功法則本は、古典を読みこなしてこそ、その醍醐味がわかりますよね。(最近は100円でどれだけ良い本を見つけることができるかがライフワークになっているような気がします...)

|

« なぜ春はこない? | トップページ | 読むだけ!右脳開発トレーニング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大きく考えることの魔術:

» がくあじさい [新鮮美感]
梅雨です。梅雨前線が南下して梅雨らしくなりました。ガクアジサイが雨で元気に見えます。 あっと言うまに月末ですね。 「習慣のつくりかた」 特に「この習慣を身につけたい」という習慣の身につけかたをマスターしたらいいわけです。 きょうは、この会話が受け... [続きを読む]

受信: 2005年6月29日 (水) 23時51分

» 大きく考えることの魔術/ダビッド・J. シュワルツ [がんばれ30代 〜書評・雑感〜]
大きく考えることの魔術―あなたには無限の可能性があるダビッド・J. シュワルツ David J. Schwartz 桑名 一央 実務教育出版 (2004/09)売り上げランキング: 56,772Amazon.co.jp で詳細を見る 自分を過小評価する発言をする人は多いです。その過小評価が謙遜なのか本音なのかは私の知るところではないですが、考え方の癖として大きく考えよう、という本です。大きく考える=考え方を限定しな�... [続きを読む]

受信: 2005年11月13日 (日) 23時25分

« なぜ春はこない? | トップページ | 読むだけ!右脳開発トレーニング »