トップページ | ワン・ミニッツ・ミリオネア »

2005年5月17日 (火)

成功の掟

4906638090 マーク・フィッシャー著『成功の掟―若きミリオネア物語』

私が紹介したい最初の本は絶対これです。
この本はいつ書かれた本だと思いますか?
私の記憶では、1989年以前であることは間違いないから、成功法則本の中でも古典の域です。

挫折した若者が、老いた億万長者に教えを乞う。
その教えは一般的には非常識なものであるが、億万長者の間では常識であるという。
やってみれば非常に簡単なことだが、実際にやっている人間は限られている。
「そんなこと!?」と馬鹿にするようなことを習慣にできる者だけが成功を手に入れるという。

おまえは、あと一時間で死ぬ
おまえは、あと一時間で死ぬ
おまえは、あと一時間で死ぬ
おまえは、あと一時間で死ぬ

言葉から発想する恐怖!この恐怖を克服できたものが真の成功者だ!

この本に極似している著作が毎年のように発刊されています。(特に杉崎仁志著の『意識が変わればあなたも億万長者』はうり二つです。見方によっては本田健著の『ユダヤ人大富豪の教え』も非常に似ている。)
挫折した人や絵に描いたような凡人が成功していく寓話は、成功を目指す人間には非常に心地が良く、精神安定剤として中毒にします。(完全に私は中毒だが...)
この本も非常に心地の良い寓話がテンポよく語られていますので、心地よさに浸るだけでもその価値はあります。(それだけでは成功おたくなのだが...)
この寓話から成功する人の原理原則を読み取った人の億万長者としてのゴールは近いはずだと信じてやみません。 (それが成功おたくだって言うですよね...)

残念ながら、この本を書店で見かけたことはありません。興味のある方はAmazonかブックオフで手に入れてください。
ちなみに私が持っている本はブックオフで見つけた、真っ赤なカバーの初版本です。(こんなことに喜びを感じるのが成功おたくの成功おたくたる所以です。)

ブログ村 本ブログランキングに参加しています。

人気ブログランキングにも参加中です。

|

トップページ | ワン・ミニッツ・ミリオネア »

コメント

コメントありがとうございました。BBSが無かったのでトラバだけで失礼しました。
マークフィッシャーはまだ読んだ事がありませんので、早速読んでみたいと思います。
ありがとうございました。

投稿: HIDE | 2005年7月11日 (月) 01時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 成功の掟:

» 上牧 弥生 (翻訳), マーク・フィッシャー 『成功の掟―若きミリオネア物語 Success Series』 (日本能率協会) [私が読んだ本【書評と映画レビュー】]
上牧 弥生 (翻訳), マーク・フィッシャー 『成功の掟―若きミリオネア物語 Success Series』 (日本能率協会) おすすめ度:★★★  本書は貧乏な青年が金持ちの叔父から億万長者を紹介され、お金持ちになる秘訣を教わるという小説である。  この小説では、億万... [続きを読む]

受信: 2005年6月 5日 (日) 14時25分

» 成功の掟―若きミリオネア物語 マーク・フィッシャー [CUITE ブログ]
成功の掟―若きミリオネア物語 上牧 弥生, マーク・フィッシャー 内容(「BOOK」データベースより) 青年実業家・作家、マーク・フィッシャー自身の成功をもとに著わしたこの\"サクセス・ストーリー\"。... [続きを読む]

受信: 2005年6月 9日 (木) 13時49分

» 上牧 弥生 (翻訳), マーク・フィッシャー 『成功の掟―若きミリオネア物語 Success Series』 (日本能率協会) [おすすめ本と最新映画情報【書評と映画レビュー】 本検索、本通販、映画館、読書感想文、評論、批評]
マーク・フィッシャー (著), 近藤 純夫 (監修), 上牧 弥生 (翻訳) 『新装版 成功の掟』 (日本能率協会マネジメントセンター)上牧 弥生 (翻訳), マーク・フィッシャー 『成功の掟―若きミリオネア物語 Success Series』 (日本能率協会) おすすめ度:★★★  本....... [続きを読む]

受信: 2005年11月12日 (土) 19時36分

» 成功の掟 若きミリオネア物語(No.3) [1000日で成功する~本からの実践ノウハウ・夢を実現するブログ~]
成功するためのノウハウが小説として書かれているので非常に読みやすい。また、イメージもしやすい本ですね。ただ、小説という形をとっているので、どこにノウハウがあるかを読者自身が感じ、考えなければならなりませんね。 ... [続きを読む]

受信: 2006年3月16日 (木) 23時51分

トップページ | ワン・ミニッツ・ミリオネア »