« ビジネスで絶対負けない7つのセオリー | トップページ | がなり説法 »

2005年5月31日 (火)

がなり流

4413034945 高橋がなり著『がなり流!  誰もやらないけど、誰にでもできる勝利の「王道」を教えよう。』

面白かった。かなり刺激的でした。

私は高橋がなりというひとをあまりよく知りませんでした。『¥マネーの虎』というテレビ番組もほとんど見たことがありません(私は夜、ほとんどテレビを見ません)ので、何をやっている人か知りませんでしたが、本屋さんで平積みになっているので気になって読んでみました。

成功本には王道系と非常識系があります。この本は明らかに後者です。非常識系の特徴はとにかく痛快で、読む人を飽きさせないこと。エンターテイメント性が強いと思いますが、読者を信者にしてしまうパワーがあります。(いきなりの「自分の年収は1億4000万だ!」という発言は、成功願望者には強烈な先制パンチです。)

この人も自分の生きザマにかなりの自信があるらしく、発言に小気味良さがあり、気がつくと内容にのめり込んでしまいます。
自分のことを「アマノジャク」と言っています。物事の常識にとらわれずに逆から発想するのは非常識系の典型ですが、多くの人がめげるような場面を奮起の材料としてとらえることは、プラス発想のモデルとして非常に参考になります。安定を嫌い、問題を歓迎し、障害に出会うたびにある種の喜びを感じるマゾヒスト的なところを、典型的な成功者の思考習慣だと言い切るところに強く共感しました。(私も自分の中にマゾヒスト的な要素を感じ始めていますので。)最初に大きな障害に出会うことや問題が起きることを歓迎する姿勢に、著者の本当の強さを感じます。成功者の条件としての心の強さを具体的に示してくれています。

最後の最後まで読者をアキさせない内容です。あとがきでゴーストライターなる人が登場し、口述筆記を堂々とバラスあたりも、非常識な発想で意表をつかれ、大変気持ち良い読後感がありました。

|

« ビジネスで絶対負けない7つのセオリー | トップページ | がなり説法 »

コメント

こんにちは
編毒のススメのてつです。
トラックバックありがとうございました。

この本はとても面白いですよね^^
成功本としよりも楽しむための本に近いような気がしますが^^;

また遊びにきます。よろしくお願いいたします。

投稿: てつ | 2005年8月 7日 (日) 15時37分

てつさん、こんにちは。

コメント有難うございます。
てつさんのブログもよく拝見しています。
参考にさせていただいております。
今後もよろしくお願いします。
また来てください。お待ちしてます。

それでは

投稿: 成功おたく | 2005年8月 8日 (月) 10時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: がなり流:

» がなり流! [豊かになる365日読書の旅]
29冊目。 がなり流! がなり流! 誰もやらないけど、誰にでもできる勝利の「王道」を教えよう。 高橋 がなり Amazonカスタマーレビュー レビュアー: マィナ 働くということは何なのか。 そもそも、その働くことに対しての意識はどうあるべきなのか。 そのような漠然とした疑問を見事に解決してくれます。 がなりさんの人生。 大学受験に失敗し、専門学校に入学。 その後佐川急便のドライバーを経てIVSに入社。 そして独立。 2回の失敗の後SODを設立。 ... [続きを読む]

受信: 2005年8月 7日 (日) 09時53分

» ソフト・オン・デマンド社長(元マネーの虎) [偏毒(偏読書)のススメ 1日1冊^^;]
がなり流!著者:高橋がなりお勧め度 ★★★★☆(読む事をお勧めします。)著者は、「マネーの虎!」に出演していた、ソフト・オン・デマンドの社長、高橋がなり氏です。AV業界のステータスをあげた人です。そして、著者は、20代の頃にテリー伊藤の会社で働いていたそうです。こ... [続きを読む]

受信: 2005年8月 7日 (日) 15時37分

« ビジネスで絶対負けない7つのセオリー | トップページ | がなり説法 »